テーマ:ハンドメイド

最近、変形連鶴に凝っています 第4段

折る前の設計図です。 ①から⑤は、同じ菱形。 アイウとabcは、同じ菱形 だが①~⑤の菱形とは、別物。 その他は、別々の四角形(正方形に近い物は無い) 少し歪ですが、ほぼ菱形。 全体は35cmサイズの大判の折り紙から作りました。 15は正方形かも? ここしばらく、5月の最後の日曜日にあるイベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変な連鶴出来ました

35cmサイズの大判の折り紙で作りましたが、設計図も書かずに作ったので 2度と同じ物は作れません。 設計図が無いので もう一度はありません。 作れません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発酵

カリンは、毎年たくさんの実をつけますが何か利用出来ないのが、歯がゆいです。 糖質があれば発酵させる事も出来るのですが、糖質もないのかな? 繊維質は多い様なので まずはセルロースを分解して 分解した物(たぶんデンプン質)は発酵させられるだろう? カリンを発酵させたら香りの良い?カリン酒が出来そうだけれど アルコール度数は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな小さな連鶴 出来ました。

十字型は、15mmサイズと14mmサイズで3連鶴は折りましたが、輪型での最小サイズは17mmでした。 ① 今回 やっと15mmサイズで輪型が折れました。 小さめの鶴が最後に折った鶴です。 左のピンク色は5cmサイズの折り紙です。 ② ①の黄色と7cmサイズの折り紙から折った”菱形3連鶴…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ミニプリンカップ

底の直径が4cm、蓋の外側の直径が6.5cmの"ミニプリンカップ"に折り鶴を入れてみました。 千羽鶴用の1枚7cmサイズの折り紙を4分割して①の紙としました。 ①緑色 1羽17mmの紙で折った連鶴 ②赤色の44mmの折り紙から1羽22mmの紅白の連鶴を作りました。 ③ピンク色の1羽23mm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25分の24羽、市販品の普通サイズ15cmから作りました。

15cmサイズの普通の折り紙を縦・横 5等分に切り分けて5x5=25の連鶴用の紙を作り、そのうちの24羽を折りました。 1羽分を折らずに残したのは、元の紙の大きさを見せる為に。 1羽のサイズは、100連鶴の1羽(3.5cm)より小さくて3.0cmの大きさです。 この1羽の紙から 15mmサイズの小さな(水色の)3連…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新作・5つ折り

完成作品 コレは、カットデザインです。 折り目の先は、頭の中で想像して 鏡写しに反転させて書きます。 想像出来ない人は、鏡を折り目に立てて線が繋がる様に書いてみて下さい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

⑤ハート&スペード

⑤ 上の完成品とは少し異なりますが、ハートとスペードを一部交差させています。 交差部分は、折り目では無いので簡単にはハサミで切る事が出来ません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハートの作り方③

Heartの作り方①&②を参考にして次に進んでみましょう この様なカットデザインで折り目に対する角度を調整すれば、3つ折り~8つ折り・・・・で作品が作れます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Heartの作り方

5つ折りで輪の状態にHeartが5つ繋がった物が出来ます。 コツは、折り目に対して約45°の角度をもってアルファベットのUの字を書く事です。 一度、お試し下さい。 普通にHeartを作るのなら、紙を折り 折った折り目に対して45°の角度をもたしてUを書いて切って下さい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直線切り

5つ折り 直線切り 線の幅を同じ位にする事が大事です。 開く時は、ゆっくりと丁寧に。 無理に引っ張ると 簡単に千切れます。 ご注意下さい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅 その2

写真は、ひどく斜めになってしまいました。 作品の一部が欠けています。 デザインが一寸大きすぎました。 雄しべを細かくしてみました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅の雄しべが面白いと!リクエストされました。 気が早いのですが「梅」「梅&桜」を切りました。 どちらも5つ折りです。 紙の中心を通る5本の折り目が、キッチリと合わないと 雄しべが綺麗に切れません。 作品の表の色とテーブルの色が似ているので、裏返して撮影しました(テーブルの色は加工しています)。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

この秋の新作

① ② ③ ④ ⑤ ⑥ 夏が過ぎたので「紅葉」色のモミジにしてみました。 「紅葉」は、赤く色付く葉・すなわち緑から黄色や赤色になる葉は、全て「紅葉」になります。 なので サクラの葉も秋には「紅葉」になります。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

64連鶴の紙の作り方

コレは16連鶴の紙になります。 ○は繋がっている部分。 対角線は谷折りにします。 長方形に折るのは山折りにします。 この折り目は、先に折ります。 折り目を全て付けてから○の部分を切らない様に切っていきます。 それぞれを正方形になる様に切ります。 16連鶴を4枚分並べた状態が64連鶴の紙に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

折り紙・花

左の赤色は5弁の花びら、右の青色の花は4弁の花びら。 4弁の花は、正方形の紙で折ります。 5弁の花は、ヒトデの様な星形の紙で折ります。 4弁の花も正方形の形より少し星形にすると 花びらが長い花が作れます。 5弁の花もヒトデ型より★細い星★型にすると花びらが長くなります。 3弁の花は三角形の紙で作れます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24時間時計

短針が1日で1周しか回りません。 何故なら24時間時計だからです。 こんな時計、欲しいです。 残念ながら市販されていません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変な外人

今日、難波高島屋3階の喫茶コーナーで珈琲を飲みながらテーブルの上に色々な切り紙と折り鶴(連鶴もあり連鶴で無い物もあり)を並べていますと、隣の席に来た日本語の話せない(と 思われる)外国人(英語圏?)が、座った。 私のテーブルの作品を見て隣に座った様子なんですが・・・ ずっと携帯を見て、誰かを待っているのか? 時間を待っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連鶴のワークショップ

色々な人から「連鶴を教えて欲しい」と声がかかるようになりました。 まだ、ひとり2人からの声でしたので その度毎に「適性検査」を試させて貰います。 何故?と言われるのですが、ひとつの鶴を折るのに何度もひっくり返したり「想像を超えるような折り方」をする人を見つけたいからですが・・・ 連鶴を折る場合は、繋がっている部分が切れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ

トランプ作品 赤・青 赤い物は4つ折り青い物は3つ折りです。 こんな切り紙を「始めて見る人」に見せると「わぁ~きれい!」と でも「ハート・スペード・クラブ・ダイヤ」と指さしして説明すると、もっと感激されます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆型・新作

元の紙はB4サイズです。 1羽の長さは10cmありますが、幅が短くて頭や尾はとても作りにくかったです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9羽連鶴用紙を作る方法

なかなか簡単には作る事が出来ませんが、ハサミを1回入れるだけで9分割できる方法があります。 しかし、この方法は"几帳面な人が丁寧に折る必要があります" 市販品の15cmサイズの物を使用する場合は、定規を使って5cm毎に印を付けて9等分して下さいね。 切る前に全ての折り線を正しく折って下さい。 良く切れるハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変わった形の連鶴

 変わった☆型の連鶴を作ってみました。 ① これは、正方形3羽の連鶴です。  普通、正方形から作る☆(十字型も含む)型の連鶴の場合 ハサミで切り分けるだけなので4羽になりますが、1羽分減らして3羽分の正方形を均等に作るように切ってから折りました。 ②    これは、それぞれ菱形から折りました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

菱形の紙で鶴を折る

正方形の紙以外でも鶴が作れます。 それは菱形。 羽を短くすると、尾が細く長くなります。 その菱形の四角型4連鶴用の紙の作り方を設計してみました。 鶴を折る時の最初の折り目は、それぞれ山折りと谷折りの線が互いに45度でなければなりません。 菱形でも45度なのです。 菱形の紙の辺は隣り合う辺との角度が90…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25連鶴

赤い●は、繋がっている所です。 縦・横 5等分に切ります。 15cmサイズの折り紙を使用すると1羽3cmになります。 先日の「あすとホール」で折りました。 約2時間くらいかかりました(2日に分けて折りました)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more