テーマ:連鶴

作りかけの百連鶴

完成品を展示していても 何か分からずに素通りしていく人ばかりです。 コノ作りかけを隣に展示すると、完成品より"作りかけ"に見入っている人ばかりに。  100羽分の折り目を付けてから蛇腹折りにして、交互に切り目を入れます。  それを90度向きを変えて蛇腹折りにして、交互に切り目を。  ココまでが準備 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菱形3連鶴で・・・ 笑顔に

今日、京阪電車で京橋駅から京阪特急に乗ってすぐ、隣席の若いギャルと「菱形3連鶴」で中書島駅まで 笑顔を頂きました。 今日は、他にもお母さんの膝で愚図っていた女の子が、9連鶴を見て笑顔になりました。 今日は、1日で51羽の鶴を折りました。 最近、1日50羽位の鶴を折っています。 これは、一寸折りすぎですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「蝶々」出来ました。

①折っている途中 ② ③完成しました。 25cmサイズのクリアケースに何とか入る大きさになりました。 次は、箱つくり
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3点繋がりの鶴を折る"紙"

 赤色の線を切ります。  赤丸は、折っている途中で破れにくくする為の工夫です。  この様な"紙"で「赤色の鶴」も「緑色の鶴」も折る事が出来ます。  赤色の4連鶴の様に繋がっている中心部にクチバシを持って行く時は、くれぐれも引っ張らない様に注意して下さい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変な連鶴を2つ作りました。

①左の赤色は、両方の羽と紙の中心部になる「クチバシ」の3点が繋がったまま 折りました。 ②真ん中の紅白4連鶴は、赤色の折り紙の中心部に鋏を入れて それぞれ4つの正方形にします(もちろん羽の部分が繋がったままですが)その向かい合った2つを表の赤色で、別の向かい合った2つを裏の白色で折ります。  4羽折れたら白色の鶴を裏返し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

mini-4連鶴 折れました。 13mm/羽

 いつもは17mm/羽の4連鶴を折っていましたが、コレは約20~30分で折れます。  それを入れる透明ケースをいつも10個持っていますが、調子が良いと1日も持ちません。  もっと小さな物を折ってみたいと15mm紅白4連鶴を折り始めたら 何とか折れた。  なので、紅白はムリかも知れないが、もっと小さな物 と 14mmと13mmを準備…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近、変形連鶴に凝っています 第4段

折る前の設計図です。 ①から⑤は、同じ菱形。 アイウとabcは、同じ菱形 だが①~⑤の菱形とは、別物。 その他は、別々の四角形(正方形に近い物は無い) 少し歪ですが、ほぼ菱形。 全体は35cmサイズの大判の折り紙から作りました。 15は正方形かも? ここしばらく、5月の最後の日曜日にあるイベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫みたいな連鶴できました

今回も左右対称に 青い丸は、正六角形の紙を中心角120度で切った菱形で出来ていますが、6羽の菱形をほぼ同時進行で折りました。 1羽ずつ折ると3羽目が折れなくなりますので、6羽をほぼ同時進行で折っていきました。 一番上の所は、左右に離れない様に(苦肉の策で)羽とクチバシで繋がる様にしました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変な連鶴出来ました

35cmサイズの大判の折り紙で作りましたが、設計図も書かずに作ったので 2度と同じ物は作れません。 設計図が無いので もう一度はありません。 作れません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな4連鶴・紅白

小さな紅白連鶴を量産しています。  とは言っても、一つひとつ素手で折っています。 手元が明るい場所を選んで・・・一番良い場所は、窓の大きな「電車の中」 電車のあの動きも良いです。 20分間程度で4紅白連鶴を一つ完成します。 2番目に良い場所は、Cafeなどで軽い食事を食べながらです。 食べながらと言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな小さな連鶴 出来ました。

十字型は、15mmサイズと14mmサイズで3連鶴は折りましたが、輪型での最小サイズは17mmでした。 ① 今回 やっと15mmサイズで輪型が折れました。 小さめの鶴が最後に折った鶴です。 左のピンク色は5cmサイズの折り紙です。 ② ①の黄色と7cmサイズの折り紙から折った”菱形3連鶴…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ミニプリンカップ

底の直径が4cm、蓋の外側の直径が6.5cmの"ミニプリンカップ"に折り鶴を入れてみました。 千羽鶴用の1枚7cmサイズの折り紙を4分割して①の紙としました。 ①緑色 1羽17mmの紙で折った連鶴 ②赤色の44mmの折り紙から1羽22mmの紅白の連鶴を作りました。 ③ピンク色の1羽23mm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25分の24羽、市販品の普通サイズ15cmから作りました。

15cmサイズの普通の折り紙を縦・横 5等分に切り分けて5x5=25の連鶴用の紙を作り、そのうちの24羽を折りました。 1羽分を折らずに残したのは、元の紙の大きさを見せる為に。 1羽のサイズは、100連鶴の1羽(3.5cm)より小さくて3.0cmの大きさです。 この1羽の紙から 15mmサイズの小さな(水色の)3連…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最小サイズの3連鶴

2,3年前までは、17mmサイズの3連鶴でした。 ピルケースにそのまま入りませんでしたが、左の水色の15mmサイズを作りました。 15mmサイズにしてピルケースにそのまま入る様になりました。 今日、もう少し小さめの14mmサイズ(右)に挑戦しました。 4連鶴にしていないのは、元の紙の大きさを知って貰う為です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二度目の百連鶴を折る

今年の1月に折った100連鶴は、東日本大震災の被災地に行きましたので、再度折る事にしました。 中央から折り始めて25羽出来ました。 前回よりは、早く折れるかな? 今回は、最初から大失敗。 この折り方は「100羽分の折り目を付けてから 蛇腹折りにして鋏を入れる」方法なのですが、縦・横の折り目を付けただけで蛇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復習・・・折り鶴

ここ暫く忙しくて大阪市内の「折り鶴勉強会」を休んでいました。 約1月ぶりにしましたが、そこで出会った若い人は2時間弱で もう少しと言う所まで出来ました。 しかし、一月ぶりに教える「生徒さん」は・・・残念! すっかり忘れてしまっていて ”唖然”としました。 一月前までは、4連鶴がシワクチャでは ありましたが出来ていました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こんなん出来ました

普通に折ると16連鶴になるのですが、今回は16羽を15羽+4羽にしてみました。 普通サイズ(15cm)の折り紙で星形(十字型)の変形になります。 いつもなら羽の先だけで繋がっていますが、今回は片方の羽の全体が繋がっています。 とても折りづらく4羽同時に折っていきます。 これは上から見たところです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連鶴の作品をケースに収めました

昨年末に作った81連鶴と今年初めに作った100連鶴(あえて「百鶴」としないのは「百鶴」と称して97羽しか無い物を作っている人達が居るからです) どちらも壁に掛けられるようにしています。 しかし、100連鶴は 二つ目に挑戦する気力がまだありません。 81連鶴は、この4ヶ月間に二つ作りました 最近は約5時間で作れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の作品

お昼ご飯を何処で食べようかと思案しながら電車に乗っていたら、大きな建物の病院が目に止まった。 病院なら最上階に食堂があるだろう と、下車して向かいました。 Aランチが目に止まったので、Aランチを頼みました。 一口食べたら箸を置き、30回噛むように努力して折り紙をします。 また、一口食べたら箸を置き、折り鶴を折って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週で「切り紙・連鶴教室」のつもりでしたが・・・

第6日目になる「切り紙・連鶴教室」 生徒さんは、最初 申し込みした人は7人でしたが、1人欠席の6人で。 初日、欠席した人が2日目に出席しましたが、予想通り 全然ついて行けませんでした。 当然ですね! やはり初日は、出席して貰わなくちゃ! 1日目から3日目までは、切り紙。 4日目から折り鶴、5日目に連鶴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正六角形の紙から作ります

完成形 ひとつずつは「正三角形が2つつながった菱形」が3つ正六角形の中心で繋がっています。 コレ 無茶苦茶難しいです。 今、4ヶ所で教えていますが 誰が一番早くコレにたどり着けるか、今から楽しみにしています。 最初の折りの前の準備 元の紙は正六角形で3ヶ所の角から切り込みを入れます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅白の連鶴

たぶん 皆さんの知っている三角折りでは連鶴は折れません。 一枚の折り紙の一隅に「羽」と書いて鶴を折ってみて下さい。 「羽」と書いた場所が「羽」になった人は、連鶴が折れます。 殆どの人は、頭に「羽」の文字が? この連鶴は、赤い色の折り紙の中心から切って 少しだけ繋がった4枚の正方形にして交互に赤色は表折り白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギャラリーほたる・河内長野市

高野街道の通る街並みの中にひっそりと佇むギャラリーほたる 3月1日から10日まで81連鶴をてんじしています。 実物をご覧になりたい方は、足をお運び下さい。 休館日は日・月です。 10時開館
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと百連鶴が完成しました。

今日は16時から約70分で残りの13羽 折れました。 昨日のようにお邪魔人も居ず、破れることの無いように注意深く そろそろそろっとヒヤヒヤしながら折れました。 約12時間程度で百羽折る事が出来ました。 完成した百連鶴 昨年12月に完成した81連鶴と比較してみて下さい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100連鶴 いまだ完成せず

 残り25羽から続きを折り始めましたが、カルチャースクールを終えたおば様達が大勢押し寄せて、連鶴についての質問攻めに遭い 手が進みませんでした。  普通に25羽なら2時間程度で完成すると考えて行きましたが、一寸当てが外れました。  裏側  のこり13羽。  今回は、裏返す回数を少な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連鶴の勉強会

今日立ち寄ったカフェで遅い昼ご飯をたべて居たら(いつもの如く 連鶴を折りながら)、後の席から声が掛かった。 振り返ってみると車椅子の人が、折ってみたいとのこと。 話をして来週月曜日1月18日午後に勉強会をすることにした。 20人しか入れないカフェだが、いつも半数の席が埋まっている。 ギャラリーもしているので、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百連鶴 その2

前回20羽で終わっていました。 今回午後1時半頃から5時頃まで ずっと折っていたわけではありませんが、色々あすとホールを来訪する人達とも雑談をしながら お茶を飲んだり棚に並んだ本(低学年用の絵本が多く置いてある図書館の分室の様な所)を見たり しながら折っていました。 連鶴をしたいと声を掛けてくる人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百連鶴

35cm大判の折り紙から百連鶴を作り始めました。 1時間程度で15羽折ったところで、とても破れやすいことに気がつきました。 普通の折り紙(15cm)で25連鶴(1羽3cmサイズ)を折った時よりも破れやすく感じました。 普通の折り紙より紙質も堅く厚い感じもしました。 インターネットで調べてみると「百鶴」とされて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堺市庁舎の展望フロアは、年末も年始も上がれるようです。

初日の出を堺市庁舎の展望フロアで見る?事(時間帯が無理かも?)出来るかな? 喫茶コーナーは、28日まで営業しています。 新年は4日から 大判の折り紙で6x6=36連鶴を作りました。 喫茶コーナーに置いてきましたが、新年まで飾られているか? 赤色が36連鶴(58mmサイズ) 緑色が16連鶴(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more