テーマ:折り紙

折り紙のレパートリー

3年前の春に ふと「折り鶴」をしようと折り紙を手にしたものの、思い出せませんでした。 次の日にやっと(60年ぶりに)思い出し、何とか折れました。 そこから、1枚の紙で1羽折るのには、3分もあれば折れます。 しかし、1枚の紙で数羽折れないかと そこから出発。 その年の終わりには1枚の折り紙から81羽を折り、年明けに…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

くす玉

7.5cmX5cmのパーツ30枚で出来ますが、パーツの両端の加工が細かいので 作る気が起きても一気に完成まで行きません。 糊と爪楊枝を用意して 組み立て始めたら色の組み合わせが気になって・・・ 7.5cmX5cmのパーツでは、小さくて最後になるに従って組み合わせが難しくなりました。 習ったのは、9cmX5cmで長さが少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくら玉

滋賀県愛荘町の「恵智の駅」まで出かけて行って、習ってきました。 習った物は、5cmX9cmのパーツを30枚作って組み合わせるだけなのですが、これがなかなか・・・苦労します。  なので、私の生徒さんには市販の折り紙15cmの半分をパーツとした物を作らせようと、まずサンプルを作ってみました。  パーツが大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八角形の箱から六角形、七角形、九角形も出来ました。

八角形の箱以外の箱の蓋は、それなりに上手に出来ましたが "身"の方はメチャクチャです。 今日、五角形の蓋も出来ましたが コレは 出来たと言うだけで、紙の折り方も他の物とは異なり 六角形の箱に入るほど小さくなりました。 小さいと言う事は、紙が大きく感じて 余る部分の処理が・・・分からん? でも、作れました。 "身"…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

六角形の身を作りました。が 設計図を書かずに折ったので、同じ物は2度と作れません。

蓋より少し深く作りました。 青い方が蓋、ピンク色が身。 もっと深く作りたかったのですが、出来ませんでした。 左が蓋、右が身。 どちらも内側が見えます。 どちらも外側が見えます。  身の方は、紙の端を内側にしたかったのですが、八角形の箱でも難しいのは経験済みなので 形良く出来上がる様に外…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

八角形の箱からヒントを得て六角形の箱を折ってみました。

 八角形の箱が、上側の2個。  左が身の裏側(外)、右が蓋(フタ)の表側。  身の内側にもフタの表側の真ん中の様な"模様"がありますが、工作のしにくさゆえ見苦しくなりました。    下側が六角形の蓋(フタ)の内側です。  蓋は、折り紙の端を中央部に寄せて纏めるので、ソコを外に出す蓋は"身"より折りやすいです。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

滋賀県愛荘町・中山道「恵智の駅」で習ってきた"八角形の箱"と以前習った"さくら玉"を折りました。

 左の青色は箱のフタ、右の黄緑色は箱の身。  フタは習った時から"ほぼ完成" しかし身の方は4個目ですが、すべて失敗。  フタと身、一部異なる所はある物の殆ど同じ作り方・・・なのに"身"は不出来も甚だしい!  フタと全く同じ作り方にした方が、見栄えのする箱になりそうです。  下側のピンク色は、以前に習った「サクラ玉」で2…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

虫みたいな連鶴できました

今回も左右対称に 青い丸は、正六角形の紙を中心角120度で切った菱形で出来ていますが、6羽の菱形をほぼ同時進行で折りました。 1羽ずつ折ると3羽目が折れなくなりますので、6羽をほぼ同時進行で折っていきました。 一番上の所は、左右に離れない様に(苦肉の策で)羽とクチバシで繋がる様にしました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変な連鶴出来ました

35cmサイズの大判の折り紙で作りましたが、設計図も書かずに作ったので 2度と同じ物は作れません。 設計図が無いので もう一度はありません。 作れません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近運動量が少ないのが気になります。

よく散歩と称して「徘徊」しています。 徘徊と言うのは、目的地がないからですが。 目的とするのは ①蕎麦屋 ②抹茶が飲めるCafe そして、歩きやすい道がある事。 しかしながら、Cafeに入ってしまうと座り込んで"連鶴"を折り始めるので、運動にはなりません。 かと言って体調が最高の時は、3時間程度給水もせずに 早足で歩き続け…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

25分の24羽、市販品の普通サイズ15cmから作りました。

15cmサイズの普通の折り紙を縦・横 5等分に切り分けて5x5=25の連鶴用の紙を作り、そのうちの24羽を折りました。 1羽分を折らずに残したのは、元の紙の大きさを見せる為に。 1羽のサイズは、100連鶴の1羽(3.5cm)より小さくて3.0cmの大きさです。 この1羽の紙から 15mmサイズの小さな(水色の)3連…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最小サイズの3連鶴

2,3年前までは、17mmサイズの3連鶴でした。 ピルケースにそのまま入りませんでしたが、左の水色の15mmサイズを作りました。 15mmサイズにしてピルケースにそのまま入る様になりました。 今日、もう少し小さめの14mmサイズ(右)に挑戦しました。 4連鶴にしていないのは、元の紙の大きさを知って貰う為です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二度目の百連鶴を折る

今年の1月に折った100連鶴は、東日本大震災の被災地に行きましたので、再度折る事にしました。 中央から折り始めて25羽出来ました。 前回よりは、早く折れるかな? 今回は、最初から大失敗。 この折り方は「100羽分の折り目を付けてから 蛇腹折りにして鋏を入れる」方法なのですが、縦・横の折り目を付けただけで蛇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての8連鶴

正方形の紙から作る連鶴は、十字形(放射状)か輪形にするか その両方を組み合わせた物という感覚でしたが、今回は輪形の8連鶴になりました。 輪形に連鶴を折る時は、紙をムダにしない様に外周の部分のみ切り捨てていましたが、今回はそれぞれの鶴を折るのに出来るだけ「正方形」にする様にしました。 正確に正方形に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

64連鶴の紙の作り方

コレは16連鶴の紙になります。 ○は繋がっている部分。 対角線は谷折りにします。 長方形に折るのは山折りにします。 この折り目は、先に折ります。 折り目を全て付けてから○の部分を切らない様に切っていきます。 それぞれを正方形になる様に切ります。 16連鶴を4枚分並べた状態が64連鶴の紙に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

折り紙・花

左の赤色は5弁の花びら、右の青色の花は4弁の花びら。 4弁の花は、正方形の紙で折ります。 5弁の花は、ヒトデの様な星形の紙で折ります。 4弁の花も正方形の形より少し星形にすると 花びらが長い花が作れます。 5弁の花もヒトデ型より★細い星★型にすると花びらが長くなります。 3弁の花は三角形の紙で作れます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5弁の花が出来ました。

正方形の紙で花を折ると4弁の花びらの「花」になります。 ならば、星形の紙で作ると5弁の花びらの「花」になるかも? と考えて 5つ折りから★星形の紙を作って 折って見ました。 花びらの真ん中に裏の白い色の部分を少し出すと、より可愛い花に見えます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正六角形の紙から作ります

完成形 ひとつずつは「正三角形が2つつながった菱形」が3つ正六角形の中心で繋がっています。 コレ 無茶苦茶難しいです。 今、4ヶ所で教えていますが 誰が一番早くコレにたどり着けるか、今から楽しみにしています。 最初の折りの前の準備 元の紙は正六角形で3ヶ所の角から切り込みを入れます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅白の連鶴

たぶん 皆さんの知っている三角折りでは連鶴は折れません。 一枚の折り紙の一隅に「羽」と書いて鶴を折ってみて下さい。 「羽」と書いた場所が「羽」になった人は、連鶴が折れます。 殆どの人は、頭に「羽」の文字が? この連鶴は、赤い色の折り紙の中心から切って 少しだけ繋がった4枚の正方形にして交互に赤色は表折り白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は、炎天下 堺市内をウロウロうろついていました。

台風来日直前の炎天下の堺市内をウロウロしていましたが、さすがに駅周辺には人影があるのに 少し離れると人の姿が無くなりました。 気温は、何度なのか知りませんが直射日光は・・・空は秋の空のように真っ青 そこにポツリぽつりと真っ白な小さめの雲が少し。 風は、台風からの風なのか蒸し暑いけど気持ちの良い"風"。 南海高野線堺東駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

折り紙をするのには・・・上質紙が折りやすい

市販品の折り紙以外で、折りやすい紙はコピー用紙です。  すなわち、上質紙です。 只 折り紙ほど濃い色の物がありませんので、白色で折ってからスプレーで着色するのも 良いかも知れません。 A3用紙ですと297mmX420mm。  1羽40mmにすると7x10=70羽が作れそうです。 A4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9連鶴より前に 4連鶴ですね

4連鶴用の切り方と折り方 中央の部分を切らないようにして下さい。 中央に4羽の鶴の"羽"の部分が来るように折って下さい。 そして繋がる羽の部分は、ルーズに折って 出来るだけ力を加えないようにして下さい。 反対側の羽は、きっちりと折り上げて下さい。 見栄えが良くなるように。 これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9連鶴を始めませんか?

黒い線はカットする箇所になりますが、線を書いていないところは 切らないで下さい。 完全に9分割するのではありませんので。 黒い線が9分割するカット線です。 赤い点線は、羽の方向です。 赤い点線は、表から見て谷(凹)折りにして下さい。 緑の線は、表から見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

36連鶴の残りの紙で21連鶴出来ました。

包装紙の残りで21連鶴を作りました。 30cmx13cmの大きさの包装紙の残り、3列x7列になるように切り目を入れて作りました。 36連鶴は1羽5cmサイズでしたが、21連鶴の1羽は4cm強でした。 紙の裏側にバラバラにならないように何処を残すか 書いてから切りました。 長方形の紙なので、正方形が何枚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

36連鶴

2日がかりで36連鶴が出来ました。 昨日から包装紙で36連鶴を折ってみる気になりました。 1日目16羽出来ました。 今回、鶴を折る時に必要になる折り目を付け忘れて切ってしまったので、ひとつ一つ折る度に折り目を付けながらしましたので 折り目を付ける時に切れないか心配しました。 1羽5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

36分の4連鶴

15cmサイズの折り紙では36連鶴は、それぞれの鶴が小さすぎるので15cmより大きな折り紙でなければ作れそうにありません。 そこでお試しに9連鶴の8連鶴を作ったあと 残りの1羽を4等分して36分の4連鶴を折ってみました。 9分の8+36分の4連鶴です。 9連鶴は5cm角 36連鶴は2.5cm角
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

36連鶴

25連鶴は15cmサイズの折り紙を使用しましたので 1羽3cmサイズになりましたが、2.5cmサイズでは 36連鶴は、たぶん無理でしょう。 3cmサイズで作るなら18cmサイズの折り紙が必要 ですね。 もっと沢山の連鶴を折っている人達は、どんな大きさ の紙を使用しているのでしょうね? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more