初めての8連鶴

正方形の紙から作る連鶴は、十字形(放射状)か輪形にするか その両方を組み合わせた物という感覚でしたが、今回は輪形の8連鶴になりました。

画像




画像



輪形に連鶴を折る時は、紙をムダにしない様に外周の部分のみ切り捨てていましたが、今回はそれぞれの鶴を折るのに出来るだけ「正方形」にする様にしました。

正確に正方形にした訳ではありませんので、それぞれ少し歪になっています。

元の紙の大きさは、普通サイズ15cmです。

この記事へのコメント

2016年10月21日 01:39
切り紙から折り紙・・・
どれも凄すぎて~脱帽です!
2016年10月23日 21:39
☆おたんさんへ、
 そのうちもっと大きな紙で・・・とも考えたりするのですが、私の折り方は羽で繋がっているので横1列と言うのは 大きな紙を使えば幾らでも繋がった物が折れると言う事になります。
なので、少し難しい折り方の作品を折る努力をしています。