高野山を歩いてきました。

気温2℃、粉雪舞う中の高野山を歩いてきました。

3daysTicketを使って高野山に久しぶりに行きました。

さて、何年ぶりになるのか・・・20年以上かも

バスで奥の院の入り口まで行き、そこから歩き回りましたが ずっと雪に降られ続けました。

画像

ケーブルカーの高野山駅付近には、積雪している所もありました。






画像

ロケットの墓碑


画像

安芸 浅野家墓所


画像

雪の降る中、小学生の団体が凍えていました。


その横を半袖姿の私を見て 震えていました。


秒速1.7mで歩くと暑くて・・・


画像

材木が豊富な高野山だからの"木製のガードレールまでありました。


画像
"
金剛峯寺


画像

中門


画像

根本大塔


画像

大門


画像

この日のランチ

通りすがりにCafeの文字が見えたので、入ってみた。

店内には3組10人位の外国人が、ランチを待っている様子。

店内の厨房からは、フランス語の会話が聞こえてくる。

何か場違いのような気がしたが、流ちょうな日本語がフランス人と思える厨房に居た女性の「いらっしゃいませ」に ほっとした。

画像

デザートのチョコケーキ


画像

日本語のメニュー

ランチは、日替わりのようである。

私は、ランチと紅茶とチョコケーキ。

デザートは、豆腐チーズケーキとチョコケーキのどちらかだった。

ランチを待つ間、いつもの如く9連鶴を折り始めると、横のテーブルに居た外人の女性達がチラチラ見ていた。

ランチが出てきた頃に9連鶴が出来たので、横のテーブルの女性達の処に持っていってPresentと言って 差し出した。

その後もランチを食べながら赤色の折り紙で紅葉を切ったり、トランプの4種類のマークを切って見たりした物をPresentしたら・・・(いつものように)笑顔が返ってきた。

画像
 
そんなに広い感じでは無い店内①


画像

店内② 左の方に厨房がある


画像

店内③ 棚に陶器が一杯並べてある

この店は「梵恩舎」と書かれていたが、読み方を聞くのを忘れました。

オーナーの奥様は、フランス人でペン画を描く画家のようです。

店内に額入りの作品や額のない物も飾ってあります。


画像

店内④


画像

店内⑤


画像

店内⑥ 店の入り口付近の天井


画像

店内⑦ 店内から見た店内と外


画像

店構え

表戸のガラスが外の光を反射して、外からでは店の中がとても見えづらかったです。



画像

3軒長屋の真ん中が「梵恩舎」 向かって左隣が薬局です。




この「International Cafe 梵恩舎」は、12月22日~2月一杯までは、休業するそうです。

高野山は、冬場は寒さが厳しくて光熱費が嵩みます

来客も寒さが厳しい折には、少なくなってしまいますので避暑ならぬ避寒するようです。

画像

帰りのケーブルカーも登る時より人は少なかったです。

この記事へのコメント