36連鶴の残りの紙で21連鶴出来ました。

包装紙の残りで21連鶴を作りました。

画像


30cmx13cmの大きさの包装紙の残り、3列x7列になるように切り目を入れて作りました。


36連鶴は1羽5cmサイズでしたが、21連鶴の1羽は4cm強でした。

紙の裏側にバラバラにならないように何処を残すか 書いてから切りました。

長方形の紙なので、正方形が何枚出来るか 出来るだけ正確に下書きしていきました。

 正方形の紙の中にでも2:1サイズの大きさの異なる"正方形"を作ってみても、裏側に下書きをしてからハサミを入れれば16連鶴の様な13連鶴(中央部の4枚を切り分けずに1羽とする)も作れます。
 (これは、写真を撮り忘れました)


長方形の紙 そのままでは綺麗な形の鶴が折れませんが、菱形の紙では たぶん鶴を折れると思います。

只、羽が長くなるか尾が長くなるか 少しバランスの悪い形の鶴になるでしょうね?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント